過積載防止対策・過積載管理なら はかりのニッコー“株式会社日本製衡所”

株式会社日本製衡所 はかり、計量器メーカー 株式会社日本製衡所  営業時間 月〜土 8:30〜17:30 本社・工場 TEL 0495-76-1231 大宮営業所 TEL 048-620-7500 株式会社日本製衡所 はかり、計量器メーカー 株式会社日本製衡所 アクセスマップ
HOME > 過積載管理・過積載防止対策用 はかり特集

過積載管理・過積載防止対策用 はかり特集

過積載(かせきさい)は規定の積載重量を超えて貨物を積んで走る法律違反行為です。法律違反なので取り締まりの対象となり罰則があるのはもちろん、近年では過積載が原因での事故も増加しており過積載の危険性も注目されています。
過積載行為は運転手の故意ではなく、荷主や発注者の意向によりやむなく行われることも相当多くみられるため、警察と国土交通省では行政処分の制度の中に荷主や発注者に対して「勧告書」や「警告書」を発出して注意を喚起する制度を設け、荷主主導型の過積載から運送事業者を保護するために、運送事業者への立ち入り検査(臨店監査)や呼出監査を実施し、荷主や発注者・事業者の管理責任を追求する姿勢を見せています。

日本製衡所では、時代に合った過積載防止対策過積載監視システムを構築し、安全で安心な運送・運搬の実現をサポートします。取り締まりを受けたり大きな事故が発生する前に過積載防止対策を講じましょう。

過積載対策=荷物の重量とバランスが重要なのは地上だけにとどまりません。海上でも SOLAS条約(ソーラス:海上人命安全条約)附属書第6章 が2016年4月に改正され、2016年7月より荷主に対して船積み前のコンテナ重量計測ならびに申告が義務付けられることとなりました。日本製衡所ではSOLAS改正に備えるトラックスケールや各種計量器などのご相談を受け付けております。どうぞお気軽にお問合せください。

 

過積載防止対策の事例


過積載を防ぐには車両重量や積み荷重量の情報を取得する必要があります。

本特集では当社の計量器を活用した過積載管理と過積載防止対策の事例を紹介させていただきます。

まず、車両重量や積み荷重量の情報を取得するには大きく分けて次の3 種類があります。
(特殊仕様を含めると全4種類)
過積載防止対策の事例


トラック総重量の計測   積み荷重量の計測
この計測によりトラック総重量を把握することが出来ますので車両総重量と比較して過積載防止対策をおこなうことができます。 >>more

  この計測により積み荷重量を把握することが出来ますので最大積載量と比較して過積載防止対策をおこなうことができます。 >>more

トラック総重量+積み荷重量の計測   トラック総重量+第5輪荷重の計測
この計測によりトラック総重量及び積み荷重量を把握することが出来ますので車両総重量又は最大積載量と比較して過積載防止対策をおこなうことができます。 >>more   最大積載量とは別に第5輪荷重の計測も同時におこなうことができます。 >>more




トラック総重量の計測

この計測によりトラック総重量を把握することが出来ますので車両総重量と比較して過積載防止対策をおこなうことができます。


対応計量器   ・ ポータブル車両重量計
 ・ セパレートスケール

ポータブル車両重量計   セパレートスケールでの計量

ポータブル車両重量計
2 枚パットの場合は軸毎に計量し総重量を算出します。
 
セパレートスケールでの計測
簡易式でも1 回の計量で総重量の算出が可能です。

過積載判定機
 
過積載判定機
(セパレートスケールと連動可能)

過積載判定機に車両総重量値を設定しておくことで、手軽に過積載車両の判定がおこなえます。
計測された重量値が設定値よりオーバーしている場合には赤い回転灯が作動し、運転手に過積載であることを知らせます。


積み荷重量の計測

この計測により積み荷重量を把握することが出来ますので最大積載量と比較して過積載防止対策をおこなうことができます。

対応計量器   ・ 薄型ポータブル重量計
 ・ 超低床式スケール
 ・ デジタル台はかり各種
 ・ セパレートスケール
 ・ 台車スケール
 ・ ハンドパレットスケール

薄型ポータブル重量計   超底床式スケール

薄型ポータブル重量計
四隅にセットすればコンテナも量れます。
 
超低床式スケール
薄さが20mm なのでカゴ台車ごと量れます。

デジタル台はかり各種
 
セパレートスケール

デジタル台はかり各種
運用に合わせ様々なラインナップをご用意しております。
 
セパレートスケール
アームロールコンテナ等の計量に最適です。

ハンドパレットスケール
 
台車スケール

ハンドパレットスケール
運搬と計量を同時にこなし作業効率向上に繋げます。
 
台車スケール
折りたたんで持ち運べるので手軽に計量できちゃいます。



トラック総重量+積み荷重量の計測

この計測によりトラック総重量及び積み荷重量を把握することが出来ますので車両総重量又は最大積載量と比較して過積載防止対策をおこないます。

対応計量器   ・ トラックスケール各種
 ・ セパレートスケール

トラックスケール各種   セパレートスケール

トラックスケール各種
高精度な計量ならトラックスケールが一番。
 
セパレートスケール
簡易型ながら正味重量も演算できる優れものです。

過積載防止対策計量結果画面
   

詳細な計量データを出力することが可能です。
   



トラック総重量+第5輪荷重の計測

トラック総重量とは別に第5輪荷重の計測もおこなえます。

対応計量器   ・ 第5輪荷重計測用トラックスケール

第5輪荷重計測用トラックスケール

第5輪荷重計測用トラックスケール
 
スケール全長が15m あるので40feet コンテナ車も計量できます。



スケール上のオレンジ部分(2 箇所)で第5 輪荷重を計測します。

過積載防止対策車両情報識別
 
第5輪荷重計測

カードにて車両情報を読み取り判定をおこないます。
 
最大積載量、第5 輪荷重を計測し判定します。

合わせて読みたいコンテンツ

  • トラックスケールの選び方
  • トラックスケールの点検方法



  • spacer

    お問い合わせ

    定期検査サービス
    オーバーホールサービス
    トラックスケールユーザーの皆様へ

    課長岩渕智宏ブログ
    社員ブログ 随時更新中! 日本製衡所オフィシャルtwitterページはこちら! 日本製衡所オフィシャルFacebookページはこちら!

    日本製衡所OfficialYouTubeチャンネルはこちら!

    イプロス製造業カタログダウンロードはイプロスへ

    LOGIS-TECH TOKYO 2014 第11回 国際物流総合展国際物流展2014特集はこちら

     

       
    にほんせいこうじょ へのお問い合せはこちらからどうぞ  
    ▲このページの一番上へ  

    ホーム
    製品情報サポート&サービス企業情報お問い合わせ
    お問合せは
     株式会社日本製衡所 大宮営業所

     住所: 埼玉県 さいたま市大宮区 三橋3-248-1
     TEL: 048-620-7500 / FAX: 048-620-7520
     
    公的資格・指定製造事業者指定番号021102 公的資格・ISO9001他 公的資格・彩の国認定工場 日本製衡所はAED設置施設です

    © 2003 Nihonseikojyo Co.,Ltd. プライバシーポリシー